ニュースな話~知的?生活をおくろう!~
このブログは日々努力?していても、なかなか改善されないこの頭をブログを作ることによって活性化させたいと考えて作りたいと思いました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルツハイマー
アルツハイマー病の原因=たんぱく質「ベータ・アミロイド」
だそうです
最近の医療解明の進化は早いですね
「老人斑」のある人はアルツハイマーになりやすいと言われていましたが、これが「ベータ・アミロイド」だったのんですね

数年前から、若年性痴呆症がとりざたされています
最近、私も人の名前や言葉がすぐ出てこなかったり、脳が活性化していないなーと思っています
いろんなことに興味をもってやっているひとはボケないとか
活性酸素を除去する食べ物を食べるとか
今までいろいろ言われていますよね
このブログも脳の活性化のためで立ち上げたわけですが、
これから効果が出てくればいいのですが・・・

↓ 以下は記事の抜粋です

アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質「ベータ・アミロイド」の主要構造をとらえることに、高野和文・大阪大工学研究科助教授らのグループが世界で初めて成功した。15日、大阪府内でのシンポジウムで発表した。
高野助教授は「この主要構造が変化すると、ベータ・アミロイドが次々と線維状に固まっていき、病気を引き起こす」と推測。この変化を防ぐ化合物を見つければ、治療薬につながると期待している。
ベータ・アミロイドは、正常な脳では酵素によって分解されるが、分解できなくなると、蓄積して「老人斑」という線維状物質を形成、アルツハイマー病を引き起こすと考えられている。(読売新聞)
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newsday.blog34.fc2.com/tb.php/12-a0d54bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。